人間心理を知る|飲食店の売上アップをするための戦略を練ることが大事

飲食店の売上アップをするための戦略を練ることが大事

このエントリーをはてなブックマークに追加

人間心理を知る

レストラン

お店を長く経営していくためには、ある程度の固定客が必要となってきます。つまり飲食店などであればリピーターを増やすのです。固定客を付けるためにはターゲットを絞る必要が出てきます。もしお年寄りの人が多いのであれば、安心感を与えるような雰囲気を維持する必要がありあます。つまりすでにお年寄りの人の常連さんが少しずつ増えているのであれば、そのままを維持した方が良いということです。もし逆に若い人が多いのであれば目新しい物を増やしていき、新鮮さを与えるのが良いといえます。飲食店の売上アップには固定客が大事なポイントとなってくるので、すでにいる固定客を大事にしましょう。
既存の固定客を大事にしつつ、新しい固定客を作るのが売上アップのコツといえます。見込み客が訪問した時は、興奮を演出する工夫をしましょう。例えば注文する時はお客さんは冷静な状態です。だからお店の様子をじっくり観察しています。料理を出す時は、ちょっとした高級感またはサービスの丁寧さをアピールしましょう。そうすると特別感を出すことができるので、固定客を作る時には使えます。固定客を作る時は常に、お客さんが「なんかこの飲食店の雰囲気が良いな」ということを思わせる演出をしましょう。ハッキリとした理由がなく良いと感じるのは、次の訪問に繋がりやすくなるのです。飲食店の売上アップを図りたい場合は、人間心理を心理学の本などを読んで理解すると良いでしょう。ビジネスでは心理学などが結構活用されているので売上アップを図る際には利用できます。